すずのまほうつかい

歪んで捻れた思考過程

吐きたい

お料理。

 

作っているときは、幸せ。

 

でも、作り終えてからが、地獄。

 

 

 

「余らせておく」が出来ない。

 

私のなかに刷り込まれた「勿体無い」という魔物は、鍋が空になるまで私を許さない。

 

 

 

「残すなんて、勿体無い」

 

 

 

 

偏食の酷い兄弟姉妹と、大量に食事がないと怒鳴る毒父。

 

皿に残る、食事たち。

 

 

食べるのは、私の役目。

 

 

私が食べれば、全部まるく収まるの。

 

 

だから、食べ続け。

 

 

 

私の満腹中枢は、おかしくなった。

 

 

 

 

 

 

一日の中で食べる量を調節すれば良いっていう人もいるけれど。

 

 

うまくいかなくて、食べちゃって、吐けなくて、お腹壊して。

 

 

 

 

醜い豚みたいになってしまうのかな。

 

 

怖い。

怖いよ。

 

 

誰か助けて。

 

 

 

 

私は、豚になりたくない。