読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずのまほうつかい

歪んで捻れた思考過程

どうせみんな他人事なんでしょ?

障害児とともに育つということ。

兄弟姉妹に障害があるということ。

それが、きょうだいにとってどれほど枷となっているか。

障害のある兄弟姉妹がいない人間たちのなかで、それを考えたことのある人はいるのだろうか。

 

障害児の親の気持ちは考えても、

きょうだい児の気持ちなんて、誰もきちんと考えない。

「将来は親の代わりに面倒をみる人間」と平気で考えているやつだっている。

・・・ころしたくなる。

 

養護学校に入れるのはかわいそう」

特別支援学級になんか入れたらきょうだいがいじめられる」

 

そんなの、親のエゴを隠すための身勝手な言い訳だ。

 

親なんて、どうせ先に死ぬじゃないか。

 

障害児が死ぬか自分が死ぬかしないと解放されないのが、きょうだいだ。

 

そんなこと、世間一般のひとびとは考えもしない。

 

きちんとしつけをされず

きちんと働くこともできず

生きているだけの兄弟姉妹なんて

要らない。

現実の醜さを知らず、「あなたは自分の人生を歩めばい」などと簡単に言う偽善者なんか、みんな残らず消えてしまえ。

 

おまえが代わりにこいつの後見人になって死ぬまで責任もてよ。

そんなこともできないくせに。

知りもしないくせに。

善意だけふりかざしやがって。

 

ふざけるな。