すずのまほうつかい

歪んで捻れた思考過程

死にたい

6月21日と6月22日の食事

6月21日 朝:玄米、味噌汁、納豆 昼:パン、シチュー、サラダ、オレンジ 夜:パック寿司 6月22日 朝:青汁、冷奴、豆腐 昼:白米、味噌汁、卵、肉じゃがモドキ 夜:サラダ、枝豆

6月20日 食事

【朝】 玄米、味噌汁、納豆、梅干し 【昼】 白米、麻婆茄子、味噌汁、魚の天ぷら 【夜】 玄米、味噌汁、キャベツ、冷奴 昼は基本的に社食。 梅干しは祖母からもらった。

6月19日 食事

【朝】 玄米、納豆、味噌汁、キャベツ 【昼】 白米、味噌汁、金平、肉味噌豆腐 【夜】 玄米、味噌汁、キャベツ、冷奴 豆腐が好き。

過食防止のために記録

朝 ・玄米 ・納豆 ・味噌汁 ・キャベツ 昼 ・玄米 ・麻婆豆腐 ・味噌汁 夜 ・玄米 ・味噌汁 ・納豆 久しぶりに味噌汁を作った。

死にたみが募る

深呼吸と同じような感じで「死にたい」と思う。 仕事をしていると、「私の存在など忘れてほしい」という思いが募る。 「期待しています」と言われるのはとても苦しい。 期待に応えられないから。 時間をかければマシにはなる。 でもマシになるまではどうした…

PIERROT

演じる。 私にとって生きることとは、役を演じること。 ふわふわと微笑む柔和な人物、理路整然と論じる人物、好奇心旺盛な人物…他にもたくさん。 「素の私」があるわけでもない、継ぎ接ぎの私。 そもそも、「素」が何か分からない。 だって、どの役を演じる…

馬鹿が親になる不幸せ

常に「良い子」でいたい。 「良い子」でなければ存在価値が無いから。 それでも私は毒親の望む「良い子」ではなく、罵倒され、存在を無視され、大切にしているものを嘲笑われた。 大学も仕事も、私の成功は全て「運の良さ」と片付けられる。 そうかと思えば…

お前に何が分かる

何もかも、締め殺したい。 恋人は、私に言う。 「怒っても仕方ないんだから、怒るな」と。 恋人の言葉はブレーキになることが多い私だけれど、これ関しては、心が拒絶する。 お前に何が分かる、と。 きょうだい児でもないお前に、何が分かる。 分かったよう…

どうせみんな他人事なんでしょ?

障害児とともに育つということ。 兄弟姉妹に障害があるということ。 それが、きょうだいにとってどれほど枷となっているか。 障害のある兄弟姉妹がいない人間たちのなかで、それを考えたことのある人はいるのだろうか。 障害児の親の気持ちは考えても、 きょ…

苦痛

兄弟姉妹に情が湧かないわけではない。 だけど、兄弟姉妹の傍に親達の姿があるのは耐え難い苦痛。 だから私は兄弟姉妹とも距離を置く。 今はまだ無理。 荒療治…つまりは治療中の今は、親達の姿を見るだけでも苦痛だから。 親達から離れ、数年経ってようやく…

揺れる肉

自分へのご褒美や、ストレス発散法を、食事にするのは本当に危うい。 それでも食べてしまうから、常備するのは野菜と果物にした。 野菜なら、食べても食べても、そこまで罪悪感はない。 この頃、歩いていると、下半身の肉が揺れるのを感じる。 自分の身体、…

食べることと、満たされること。

今日のお昼は、急遽知人達と食べに行くことになりました。 和食屋さんで、ぶり大根の定食をいただきました。 そのぶりが骨も食べられるようになっていたので、私は骨まで残さず食べました。 そんな私に、一緒に来ていた方が「鈴ちゃんが一番上手に食べたわね…

「普通」って、何ですか。

Twitter で、某新興宗教信者の家庭に育った子どもの話を見た。 あの言葉と表情で追い詰めて、周りと隔絶させて、自分の認めた世界の中でしか生きさせないの、まさしく私の毒母と同じ。 周りが可愛い服を着ているのを「あんな服を着させる親は頭がおかしい」…

あなたの その手が 好きです

私は自分の手が嫌い。 一年中、クリームを塗っているのに、ガサガサ。 小学校高学年の頃から、ずっとガサガサ。 中学生のとき、ふと見た友達の手。 すべすべの手。 他の子の手も、同じ。 ガサガサなのは、私だけ。 なんで? どうして? どうして私の手はガサ…

吐きたい

お料理。 作っているときは、幸せ。 でも、作り終えてからが、地獄。 「余らせておく」が出来ない。 私のなかに刷り込まれた「勿体無い」という魔物は、鍋が空になるまで私を許さない。 「残すなんて、勿体無い」 偏食の酷い兄弟姉妹と、大量に食事がないと…

ぼくにもそのあいをください

「愛」って、なんだろう。 子どもを愛さない親はいないと、みんな言う。 だけどその「愛」とやらが歪んだものだったとしたら? 「愛」だったら、子どもを支配していいの? 子どもを自分の所有物にすることが、「愛」なの? そうだとしたら、私は、「愛」なん…

過食

ストレスがたまると、わけもなく胃に食べ物を詰め込んでしまう。 そんな自分が、大嫌い。 吐き出したいのに、吐けない。 ひたすら食べる一方。 死にたくなる。 頭のおかしい毒父の、頭のおかしい家系には、過食嘔吐の人がいる。 私もその血を引いてしまった…

誰の声?

うとうとしはじめると、頭の中で誰かが喋る。 だいたいそれは金切り声。 誰かが誰かを叱責している。 実は今も、眠気とともに襲ってくる脳内の声と戦っている。

育ち

親が毒だと気付いたのは、大学に入ってから。 親に吹き込まれる知識ではなく、自分で取り入れた知識が多くなってから。 Twitterで、多くのきょうだい達や、機能不全家族育ちの人たちと出会ってから。 毒を毒だと知らずに、毎日毎日呑まされていたような私は…

お初にお目にかかります。

はじめまして。 すず といいます。 ちょっと難しい育ち方をしたせいか、思考が乱れがちです。 文字で書くことが、一番自分の気持ちを上手に表現できる気がします。 よろしくおねがいいたします_(._.)_